VAPEは普通のタバコよりお得なのか

今話題の電子タバコ。種類もたくさんありますがVAPEもそのひとつです。一体普通のタバコとの違いはどこなのでしょう。大きく違うのは電子タバコはタバコ型の吸入器で色々なフレーバーの香りをつけた水蒸気を吸引します。衣類にも部屋にもにおいがつくこともありません。普通のタバコの代わりとして禁煙できるとは言い切れませんが、口寂しさを紛らわせたり、少しの効果は期待できます。また何よりもニコチンが含まれていないというのは大きなポイントです。海外で売られているVAPEにはニコチンが含まれているものもありますが日本では薬事法で禁じられています。節約に関しても普通のタバコを吸うよりも電子タバコのほうがトータルで安くなります。初期投資としてVAPEは10000円までで手に入ります。その後継続して使うとなると普通のタバコよりお得だということになります。

VAPEはデザイン的にも女性に人気

最近、何かと話題になっている電子タバコです。VAPEはデザイン的にもお洒落で女性にも人気が出ています。ちなみに、タバコ型の吸入器によってタバコやミント、フルーツなどの味がついた水蒸気を吸うわけです。さらに鼻から煙が出ますが、水蒸気なのですぐ消えてしまいます。なので、煙の臭いが服にこもることもありません。さらに火は一切、使わないので火災の心配はありません。煙がないので勿論、副流煙も気にしなくてもすみます。ちなみに日本では薬事法の関係上、ニコチン入りは販売できません。しかし、海外の製品はニコチン入りがあるかもしれないので気をつけましょう。でも、ニコチンが入っていないということはその分、タバコの禁煙にも役立つかもしれません。しかも、吸うのを止めるわけではないので吸いたいという気持ちを無理におさえなくてもいいからです。

人気の電子タバコ「VAPE」とは

現在、人気の高い電子タバコ「VAPE」とはどんなモノでしょうか。従来の葉を紙に巻いたタバコと違い、香りが付いた液体が入ったリキッドを吸引機で加熱して吸うと言うモノで、煙ではなく蒸気が出るので周囲の人への悪い影響が少ないのがメリットです。デザイン性が良く、海外のセレブも愛用していると言うことも有り、一気に人気が出た商品です。日本ではニコチン入りのリキッドは禁止されていて、リキッドにはタバコ味やフルーツ味、ミント味などを使用出来ます。これにより、紙タバコの禁煙が出来ると話題ですが、やはりニコチンなどが含まれていないので個人差が有るようです。経済性は、電子タバコ本体(吸引機)が最初に必要ですが、リキッドは一般的に月に1本程度購入すれば良い程度なので紙タバコに比べ、かなり経済的だと言えます。禁煙のために1度試してみるのも良いかもしれませんね。